中澤系歌集uta0001.txt(新刻版) 中澤系

f:id:mori_shi:20180729221918j:image

ずっと欲しかった歌集。一度双風社から新刻版が出ていたのですが、すぐ売り切れてしまい入手できなくなっていました。2018年3月に皓星社から再度刊行されたもので、今回はたくさん出ているようで梅田蔦屋書店にあった。

 

 

中澤系の歌は全部つらい。痛い。生きるのもつらい、死ぬのも嫌だ、ひたすらそういう短歌です。時にはその姿が青すぎる、若すぎるようにも痛々しくも見えるんだけど、でも自分自身が本当につらかったときに支えになってくれた。その思い出を本の形で持っていたくて買いました。

短歌そのものはtwitterで自動でランダムに投稿される半公式のアカウントがあり、常に読むことができます。その機械化された感じすら中澤系らしく、情緒があるんだよな。

 

最近は少しでも暗くなったりつらそうにしたり青臭かったりするとすぐ中二病とか黒歴史とかメンヘラとか言われて、やわらかい傷つきやすい年頃にすら人前で病んでる姿をさらすことが難しくなってるなと感じますが、病めばいいじゃん、やればいいじゃん中二病。残していけよ黒歴史。そういう時期が人生にはある、みっともなく見えるし、人にも迷惑かけるかもしんないけど、それをこえてこそ大人になるのにな。そんな人にこの歌集が届くといいよねと思います。

 

中澤系歌集 uta0001.txt

中澤系歌集 uta0001.txt